素材を知ってより楽しく! シルク(絹)コットン(綿)について | 草木染 友裕

2021/03/09 15:51

「草木染 友裕」の多くの商品に使われているシルク(絹)とコットン(綿)の特徴をまとめてみました!


コットン(綿)の特徴
メリット
1 吸水性・通気性に優れている
 ポリエステルなどの化学繊維と比べると遥かに優れた吸水性を持っており、吸水した水分は外に発散されるので通気性がよくオールシーズン快適に使用することができます!
2 柔らかい肌触り
 ザラザラ、チクチクとした肌触りはほとんどなく、柔らかい肌触り!又、化学繊維に比べて静電気が起きにくいので身に着けても心地よく快適に過ごせます!
3 耐久性に優れている
 水に強く自宅で手軽に洗濯できます。又、耐熱性にも優れているのでシワができてもアイロンで手軽に対処できます。
デメリット
1 縮みやすい
 吸水性に優れているコットンですが逆に洗濯時に吸った水分が膨張し乾燥時に自然な長さに戻ろうとして縮むことがあります。脱水後なるべく早く取り出しシワを伸ばすようにすれば縮みを抑えることができます!
 
シルク(絹)の特徴
メリット
1 美しい光沢
 真珠のような上品な光沢を放ち高級感があります。
2 抜群の肌触り
 繊維が細く肌触り抜群!コットンの1.5倍も吸湿性と放熱性に優れています。静電気も起きにくくチリやホコリが付着しにくい。
3 夏涼しく、冬暖かい
 熱伝導率が低いため夏は涼しく、冬は暖かいオールシーズン使える素材
4 素肌に優しい
 人間の肌の成分と同じタンパク質でできているため、身に着けてもかぶれたり不快感を感じることはありません。
5 紫外線カット
 紫外線90%カットと紫外線の吸収力に優れています。
デメリット
1 摩擦に弱い
 雑に扱うと傷みやすく、洗濯も手洗いがオススメ